« ジョージとヤマダ | Main | グーちゃんとタンポポ »

ダチョウ山の名、空に流れる

5月4日(水)朝:82.6 夜:83.3

5月5日(木)朝:82.8 夜:83.2

5月2日から風邪気味で、会社を午後半休にして休んでいたのですが、病院も休みで家に置いてある薬を飲んだものの、一向によくなりません。明日は会社を休んで病院に行ってきます。

そういう訳でGWは家で寝ていました。一つだけ楽しいことがありました。5月5日の午後、NHK-FMでクラッシック音楽のリクエスト特集がありました。子供の日にちなんで、「子供に聞かせたい曲」をリクエストするのです。司会進行役は、クラッシックの中でもバロック音楽が好きで、ご自身でリコーダーを演奏する朝岡さんです。

どうせ家で寝てるのだったら、ダメモトでリクエストを出して見ようと思い、E-mailでリクエストしました。リクエスト曲は、ヴィヴァルディの「リコーダー、オーボエと通奏低音のための協奏曲」。少しマニアックかなと思いましたが、朝岡さんなら良く知っている曲だと思うので、もしかしたら流れるかもしれないと軽い気持ちでいました。

4時前でしょうか、パソコンにSymbol Commanderなるものをインストールして、なかなか面白いと思い少し遊んで部屋に戻ると、なんとヴィヴァルディの2楽章が流れているではありませんか。この曲を自分以外誰がリクエストしたのだろうかと思い聴いていると、曲が終わったあとに「神奈川県相模原市のダチョウ山さんからのリクエストでした」と朝岡さんが言うではありませんか。(^o^)ダチョウ山の名が全国に流れたと思うと、いたく感激いたしました。

それにしても曲の始めの紹介では朝岡さんはなんと言っていたのでしょうか。私の書いたとおりをしゃべったのなら、こんな感じになります。――次は、神奈川県相模原市にお住まいの44歳会社員、ラジオネームダチョウ山さんからのリクエストです。リクエスト曲はヴィヴァルディの「リコーダー、オーボエと通奏低音のための協奏曲」です。おたよりを読みますと、

「私が家内と知り合ったのはバロック音楽を通してでした。当時、私はリコーダーを家内はフルートを吹いていました。家内との結婚披露宴で友人達に演奏してもらったのがこの曲です。友人達は短調の曲なので、結婚式にはふさわしくないと言いましたが、カッコイイ曲なので無理やり頼んで演奏してもらいました。あれから20年近くになります。子供達も大きくなり、そろそろこの曲のかっこよさが分かる年になったのではと思い、リクエストします。朝岡さんはリコーダーを演奏されるので、この曲については良くご存知かと思います。バロック音楽と言えばヴィヴァルディの四季のみと思っているリスナーの方にも、こんなカッコイイ曲もあるのだと分かっていただければ幸せです。」

なるほど、結婚式に演奏した曲を子供達に聞かせたいということですね。私はリコーダーをちょっとやるのですが、この曲は良く知っています。リコーダー吹きなら皆あこがれる曲ですね。――なんて感じで紹介したのではないでしょうか。

もしエアチェックされている方がいらっしゃいましたら教えてください。

|

« ジョージとヤマダ | Main | グーちゃんとタンポポ »

ダイエット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10538/3995713

Listed below are links to weblogs that reference ダチョウ山の名、空に流れる:

« ジョージとヤマダ | Main | グーちゃんとタンポポ »