« May 2005 | Main | July 2005 »

プチ断食ダイエット

日経BP社からのメールだったと思う。プチ断食ダイエットの紹介があった。休みの日に、一日または朝夕断食するというものだ。断食することにより、飽食の時代では味わえない空腹感を感じ、それに慣れることで、あまり食べなくてもへっちゃらになるというのだ。

そこで、ためしに、土曜の朝と昼を抜いてみた。夕食までの時間がとても長く感じられた。腹が減っているので、生産的な活動ができない。いつもなら、ブログを書いたり、歌の練習をしたり、本を読んだりして過ごすのだが、腹が減ってやるきが起きない。寝転がって、ラジオを聴いて過ごした。手持ち無沙汰なので、眉毛を抜いてしまい、眉毛が短くなった。
腹が減っていたので、夕食の時間は、とても有難く、楽しいものであった。食卓に向かうと、パグニーニョが目の下に隈ができていると言った。あわてて、鏡を見ると、なるほど隈ができている。「もうやめようね」とパグニーニョは言った。

翌朝、朝体重を計ると、断食前から500グラム減っていた。確かに減っていた。減ってはいるが、せっかくの週末を台無しにしてしまう、プチ断食ダイエットはもうやらないと心に決めた。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

チャンさんの発表会

先週(6/5)に、チャンさんのピアノの発表会がありました。

チャンさんは中田喜直の「エチュード・アレグロ」を弾きました。

連弾のコーナーでは、チャンさんのピアノ伴奏で、ダチョウ山が久石譲の「いつも何度でも」と「命の名前」をリコーダーで吹きました。

チャンが「エチュード・アレグロ」を家で練習しているときは、いつも途中でつっかえて間違っていたので、最後まで弾けるか心配していましたが、本番では家で練習しているよりも上手に弾けて、とてもかっこよかったです。

連弾の曲は、「千と千尋の神隠し」で流れていた曲です。最初はダチョウ山が歌う予定だったのですが、連休中、喉の風邪をひいてしまいなかなか元に戻らなかったので、リコーダーを吹くことにしました。

ダチョウ山は練習では、おちゃのこさいさいで吹いていたのですが、ステージに上がると、すごく緊張してしまい、手とか足とか震えて、ロングトーンでは物凄いビブラートがかかってしまい。散々でした。どうにか最後まで吹けたのがお慰み。

どうし上がるようになったのだろう。学生の時の演奏会ではこんなことはなかった。子供の発表会でも、4、5年前までは上がらなかった。上手にやろうと思うから上がるのかな。上手にみせなくてはいけないと思うからあがるのかな。自分の演奏に周りの関心が強いと誤解するからあがるのかな。練習が少ないからあがるのかな。ステージで吹き終わったときは、もうやらないと思うのだけど、夕食の時は「次はシューベルトの魔王をやろう」と早くも来年のことを考えていた。魔王はニイヤンによると中学の音楽で最初に鑑賞する曲らしく、日本語の歌詞までついていて、ニイヤンによると、日本語で歌うととても変な曲ということだ。ニイヤンがそう言うのを真に受けて、チャンさんは「魔王」だけは絶対嫌と言っている。

最後に、チャンさんとダチョウ山が演奏している写真を載せます。チャンさんのドレスの青色とダチョウ山の楽譜の青色が映えてなかなかいいと自讃しています。

20050612recorder_small

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グーちゃん身体測定:6月

6月11日、グーちゃんの身体測定を行いました。

甲長:13.5cm(前月比+0.2cm)、体重:507g(前月比+20g)

昨年家に来た時の3倍の体重になりました。

この日、飼育環境の衣替えを行いました。保温球にしている赤外線ランプを2つとも外しました。最低気温が20℃くらいになったので、保温球はもう不要です。その代わりに、40Wのレフランプをホットスポット用に設定しました。下の写真は、レフランプの下でたたずむグーちゃんです。

20050612gootatazumi_small

この日の夜、グーちゃんは夕食を食べた後(最近、朝夕の2食)、暴れて水槽に向かってボディーアタックを繰り返していたので、リビングに放してやりました。シャカシャカと歩き回っていましたが、そのうち音がしなくなったので、様子を見に行くと、鉢植えとゲーム機の間の隙間で休んでいました。

20050612gookakure_small

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »