« グーちん身体測定:11月 | Main | 鈴木俊哉を聴く »

バロックオーボエのレッスン5回目

11月10日、5回目のバロックオーボエのレッスンに行きました。

いつものように先生は笑顔で迎えてくれました。

「今日はインスタントですが・・」といつものようにコーヒーをいれてくれました。

低い音が出にくいのですがとリードの症状を言ったら、先生はリードを濡らしてから、チューブの側から小さな羽根を挿入し、水の中で掃除を始めました。透明だったコップが白く濁りました。かなり汚れていたようです。きれいになったリードで吹いてみると、低い音もキチンと出ます。どうやら汚れていたのが低音が出ない原因のようでした。先生は掃除に使った小羽を「あげます」と言ってティッシュにくるんでくれました。

家で練習した新しいエチュードを吹きました。今までのエチュードより少しだけ長い曲です。最後まで吹けたので、先生は「だいぶ吹けるようになりましたね」と褒めてくれました。

この日は、新しい音の入ったエチュードを2曲やりました。新しい音はgisとesです。

gisは左薬指で二つある穴の小さいほうをふさぎます。どうすればいいかはすぐに分かるのですが、なかなか音が出ない。gの音から薬指を滑らせて一つの穴を開けます。先生曰く、「鼻の油をつけるとすべりが良くなりますよ。ぼくらも演奏する時はつけています」

鼻の油には事欠かないので、さっそく塗りました。なるほどすべりがよくなります。

もう一つの新しい音、高いesは、dの指でesキーを押す。左の人差し指は半開。ちょっとこんがらがったけど、音は簡単に出る。後は馴れるだけ。

練習の最後にgisを再度チャレンジしたが、やっぱり上手く出ない。先生は「惜しい! 惜しい!」と励ましてくれた。

練習の終わりがけに榊原さんがやってきた。新しい曲を選のでいて、ヘンデルのリコーダーの曲を編曲したのを持ってきたそうだ。

帰りがけに、新宿西口にあるダブルリードの店(Japan Doube Reed)に行く地図を書いてもらった。そのうちリードを作り始めると、たっぷりお世話になるそうだ。今度新宿に行ったら寄ってみよう。

|

« グーちん身体測定:11月 | Main | 鈴木俊哉を聴く »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10538/7058933

Listed below are links to weblogs that reference バロックオーボエのレッスン5回目:

« グーちん身体測定:11月 | Main | 鈴木俊哉を聴く »