« December 2005 | Main | February 2006 »

ニイヤン、ギターを買う

ニイヤンがギターを買った。

楽器がやりたいと言い出した。J-POPみたいなのをやりたいらしい。

アコースティックギターをお年玉で買ってきた。

20060129guitarsmall

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北京ダックコース

1月27日(金)、会社の仲間と横浜中華街に繰り出した。北京ダックを食べるためだ。

私が幹事をやった。キリンビールのメルマガに北京ダックのおいしい店と紹介があった「東華楼」に予約を入れた。

北京ダックは食べたことがない。独身貴族のSさんは、「皮を食べるんですが、あんまりおいしくないですよ」と言っていた。一度、北京ダックを食べたかったので、新年会と称して「横浜中華街北京ダックコースご一行様」を企画した。

東華楼は中くらいの大きさの店だが、プレハブの建物のようだ。2階に案内されたが、他にお客はなく閑古鳥が鳴いていた。金曜の夜に閑古鳥が鳴くようでは、人気のある店とは言えない。キリンビールのメルマガもあてにならない。

来るところを間違ったかなと感じたが、もう後には引けない。7人めいめいアルコールを注文して北京ダックコースの幕が切って落とされた。

前菜とエビのチリソースの後に、北京ダックが登場した。あひるの姿のまま出てくると思いきや、7つの長方形に切られた皮が出てきた。クレープを蒸したものと、ミソ、ネギときゅうりの千切りがついている。食べ方が書いてあったので読むと、クレープを広げて円の形にした後、ミソをぬって、ネギときゅうりの千切りと北京ダックをはさんで食するようだ。さっそくK課長がトライした。「何だかミソの味が強くて北京ダックの味が分からない」とのこと。それを聞いた私は、クレープはクレープで食べて、北京ダックはそのまま食べた。

「鳥の皮の味がした」・・・それだけだった

北京ダックには大いに失望した。それにその他の料理も、ちょっとあかぬけない。臭いが気になる。やっぱり、日本人向けに洗練された中華料理のほうがおいしい。

その点、萬珍楼のよいうな大きなお店は、味、サービス、品揃えがいい。値段も決して高くない。次回は、萬珍楼に行こう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バロックオーボエのレッスン7回目

1月16日(月) 江崎先生の家へオーボエのレッスン(7回目)を受けに行きました。

この日は、なんとパグニーニョの誕生日。会社は有給をとって二人で出かけました。

正月に買った伊勢丹のコーヒーのお年玉袋を持って行きました。

お年玉袋を渡すと先生は喜んでくれました。先生は豆をひいてコーヒーをいれるくらいコーヒーが好きなのです。この日も、豆からひいたコーヒーをいれてくれました。とても美味しいです。

この日は、ショヴォンの1回目。今まではエチュードでしたがいよいよ曲に入りました。

先ずはプレリュードから。複付点になっているけど、楽譜どおり付点でいいと言われました。

最初は音が高くて苦しいでしょうが伸びやかに吹きましょう。

最初のファの音をしっかり吹いて。ところがなかなか十分な音が出せません。喉の奥を広げて。やってみると少し大きな音がでました。口をコンパクトにできるようになったら、後ろを広げるのだそうです。先生が吹くと大きくしっかりした音が出ます。

暗い雰囲気に変わる前の低いソの音は小さく。ところが、この音は普通に吹くと大きくなってしまう。難しい。

最後の高いソはピアノにしましょう。替え指を教えます。
20060116-so-p
次はメヌエット。1回吹くと。吹けてる吹けてる。ほめられました。イネガルにするところと、後半はレガートにする(スラーかかけてもいい)点を注意されました。

3曲目はガボット?。最初の四分音符のタンキングを教わりました。リードに当てた舌をどのくらいのスピードで、どのくらいの距離を離すか。これは書けません。

初心者だからと甘やかさずに、できていない点はキチント注意してもらい嬉しかったです。

疑問が一つ。オーボエのタンギングは固いの(tu)とか柔らかいの(du/ru)とかあるのだろうか。CDとか聴いてもリコーダーに比べてスラーを多用するように思える。次回レッスンで訊いてみよう。

次回は、残りの曲。もう難しいのしか残っていない。プレリュードの後半とアルマンドを練習する予定。

パグニーニョはヘンデルのソナタを見てもらった。本当はテレマンを見てもらうはずだったのにと、ブーブー言っていた。

町田まで帰ってきて、最近できたイタリア料理屋でランチを食べた。サラダとラザニヤとスパゲッティとピザをたのんだ。二人で2千円。美味しかったので満足した。次回のレッスン後の昼食も、ここで食べようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グーちんの家を改築

グーちんの家の改築工事をしました。

グーちんが大きくなったので、照明と保温球やバスキングライトの取り付け位置を高くしました。

グーちんの成長スピードが予想より早かったので、築1年で増築と相成りました。

ダチョウ山が不器用なのと、道具が悪いのとで、きれいには作れませんが、頑丈に作ることを心がけています。

下の写真で矢印を書いたところが今回増築して、位置を高くしたところです。

木で作っておくと、このように改築するとき楽(実は大変だった)ですね。

20060115-goo-house

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20th Anniversary

1月12日は、ダチョウ山とパグニーニョの20th Anniversary

20年というと、親と一緒に暮らした時間より長い。

今年の春で勤続も20年。リフレッシュ休暇で5日間の連続休暇がもらえる。海外旅行に行くことに決めている。どこに行こうか、HISのパンフレットを持って帰ってペラペラめくる。バリにしようか。中国もいいなぁ。

脱線したけど、今日は結婚記念日。一つ500円のケーキを4つ買ってかえって、家族四人紅茶と一緒に頂きました。

20060112-20thAnniversary

今、ニイヤンがチャンさんのピアノで今時の歌をおらんで歌っている。ダチョウ山もパグニーニョも家ではルネッサンス、バロック時代の曲を歌ったり演奏したりしているのに、子供達は何の影響も受けない。うるさくてブログに集中できない。ウルサイ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グーちんやせる

毎月恒例の身体測定で、グーちんが初めてやせました

甲長16.0(±0cm)、体重826g(-14g)

ここのところの大雪で葉物が高くなった。グーちんの好きな小松菜も3~5倍くらい値上がりした。

今までは、少し残すくらい(グーちんが腹一杯)まで与えていたが、小松菜を残すのは勿体無いと量を少なめにしたら、やせてしまった。

そういえば、最近ウンコの量も少なめだ。

そこで考えるに、どのくらいの量がエサの適量なのだろうか。残すほど(お腹一杯)与えるのがいいのだろうか。それとも、腹八分目におさえるべきか。

今日のグーちんは久しぶりに、朝ごはんを二回おかわりして、夕食も少し残すほど食べた。

写真は今日のぐーちん。

20060112-goo-sokutei

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オークション

年末にyahoo!オークションで、いい品物を、安価で落札した。

品物は、Dieselのデイパック落札価格は3,900円

20060101dieselsmall

ミレーのデイパックが破れてきたので、新しいデイパックを探していたところ、Dieselのデイパックのデザインに魅せられて、入札した。後ろの部分の革がとてもカッコイイ。

予算を5,000円に決めていた。送料が1,000円、振り込み手数料が200円弱なので、落札した価格は予算+100円。

出品者様からは、3,900円は破格の値段で、いつもはもっと高い価格で落札されているとのこと。そこで、同じ品物が、いくらで落札されるかウォッチしたら、6,250円や7,850円で落札されている。

半額近い値段で落札したことになる。とてもラッキーだ。

品物は、しっかりした作りで満足。ただ、後ろの部分が一面革になっていて、ポケットが付いていないのは、タバコとかティッシュとか入れるのに、少し使いづらいかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »