« January 2006 | Main | March 2006 »

バロックオーボエのレッスン:8回目

2月21日 会社を休んで、パグニーニョと江崎先生のレッスンに行った。

今回はショヴォンの2回目。

プレリュードから始める。前半繰り返して後半の速いテンポもやった。最初は調子が上がらず悲惨なできだった。出だしのファは大きく、前回と同じ注意を受ける。ミ♭の虚ろな音の前のソは小さく。前回と同じ注意を受ける。後半の速いテンポのところは、うまく吹けないが、先生は「後半は省略することもありますから」と次の曲に移った。

アルマンド。結構速いテンポだが、調子が上がってきて、どうにか吹ききる。先生は、「吹けてます。吹けてます」と誉めてくれた。最初の16分音符の後の8分音符でテンポが決まるので、この8分音符はファの音に向かって駆け上って行く。

アルマンドの最後のシ♭からドへのスラーがうまくいかない。先生は替指を教えてくれた。
20060225-oboe

最後にReflixionをやった。自分でテンポを決めれるところ、通奏低音を聴くところをチェックした。最後のソは前回教わったピアノのソの替指を使う。

6月に発表会がある。前回10月だったが、それはチェンバロの長久先生が出産だったから。私はショヴォンで発表会に望むことになった。

次回は旋風かジーグ。どちらも速い。発表会を考えると、最後を締めるジーグは欠かせない。ジーグ中心で練習しよう。

リードの調子を見てもらった。いつも使っている方がへたってきたので、リフレッシュしてもらった。もう少し使えそうだ。できれば発表会までもって欲しい。もう一方は、少し固め。先生が吹いても少しかすれる。先生は、「このリードはこのままにしておきましょう」固めのリードは口の練習用。

レッスンの後、先生は「時間はありますか」と訊いてきた。はいと答えたら「おもしろいプロジェクトがあって、ちょっと待っててください」押入れからファイルを出してきてごそごそ何が探していたら「これを見てください」と1枚の絵を見せてくれた。江戸時代の長崎の出島で行われた宴の絵だ。片隅の楽師に注目。バイオリンとオーボエ、トラベルソ、太鼓。楽師の顔が浅黒い。インドネシアの人だという。楽器に注目。黒い色をしたオーボエの形がカッコイイ。すると、先生がおもむろに箱からオーボエを取り出してきた。なんと、絵のオーボエにそっくり。流線型で未来形とも言える、形がスッキリしていてとてもカッコイイ。絵を再現して演奏するプロジェクトで、私の楽器を作ってくれた柴山さんが、絵を元に楽器を再現したそうだ。先生は「柴山さんに楽器作ってもらおうかなぁ」ともらしていた。

たぶん、そのうち先生も柴山さんに楽器を作ってもらうことになりそうだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ラジオ体操

今朝は荒川選手の金メダルで沸きましたね。

ダチョウ山の家は、あまりテレビを見ません。
チャンさんが水曜の夜「その時歴史が動いた」を見るのと、チャンさんとニイヤンが日曜の夕方「笑点」を見るのと、パグニーニョとチャンさんが日曜の夜「功名が辻」を見るくらいで、後はほとんどテレビを見ません。

一つには、食堂にテレビがないこと。テレビは(一応)居間にあります。
もう一つには、テレビが古くて(20歳)映りが悪いことが理由でしょうか。

そういうわけで、今朝も朝食をとりながら女子フィギュアフリーの演技をラジオで聞いていた。コーエンが転んだ。ラジオだとそのくらいしか分からない。荒川さんの演技になった。ジャンプがうまくいっているのが分かった。イナバウアー!! いったいどんな技なんだ!! ラジオだとさっぱり分からない。演技が終わってミスがないのが分かった。採点が待ち遠しい。

ところが、ラジオはオリンピックの生放送を中断し、ラジオ体操に換わった。
「今日も元気に体操をしましょう」「新しい朝が来た♪ 希望の朝だ♪」

ニュースも天気予報も止めてオリンピックの中継をしているのに、なぜラジオ体操だけ時間通りやるのだろう? それも荒川選手の採点と村主選手の演技をしている時に?

ラジオ体操を時間通りにやらないと、病気になる人とかがいるのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海外旅行

ダチョウ山は今春、入社21年目を迎える。20年間働いたお礼に会社から5日間の連続休暇がもらえる。リフレッシュ休暇という。だいたい皆、旅行に出かける。リフレッシュ休暇は10年ごとにもらえる。前回10年目のリフレッシュ休暇は、突然の転勤で引越しに消えてしまった。だから今回の20年目のリフレッシュ休暇には力が入る。

海外旅行に決めている。最初は中国の「上海、桂林、北京6日間」というのが候補にあがった。パグニーニョも賛成だ。桂林の璃江くだりが目当てだ。パグニーニョの両親が行ったことがあり、おとうさんがダチョウ山のハンコを作ってくれた。なかなかいいのだが、スケジュールが時間刻みで、忙しそう。別にこれは、「上海、桂林、北京6日間」に限ったことではない。日本のパッケージツアーは押し込みすぎだ。

そこで、もっとゆったりと過ごしたくなって、バリはどうだろう。バリは17年前にパグニーニョと行った。なかなかいい所だった。HISでパンフレットをもらってきて見ると、「バリ6日間」はすべて自由で、自分でオプショナルツアーを組み立てればよくなっている。これはいい。自分のペースでゆっくりできそうだ。価格も16万円くらい。朝食しかついていないので、昼と夜とで贅沢をして7千円投入したとしても、合計で20万円もしない。

バリは海のホテル(ジンバラン、ヌサドゥア等)と山のホテル(ウブド)を組み合わせることもできる。ホテルは海も山も一流。そのなかから私が選んだのが、海はジンバランの「インターコンチネンタル・バリ」、山はウブドの「アリラ・ウブド・バリ」。両方とも、HPが日本語に対応している。インターコンチネンタルの方はプールとレストランの数が豊富。アリラは、「世界で一番美しいプールを持つホテル50」に選ばれていて、プールがきれい。それに両方とも値段が手ごろ。

パグニーニョはバリには反対。太っているから。夫婦で豚豚してプールを歩くのは恥ずかしいというのだ。ダチョウ山はへっちゃらなんだけどな。後、バリには行ったことがあるので、行ったことのない中国に行きたいというのがパグニーニョの意見だ。もっともだ。

そこで、新宿に出かけた帰り、小田急で中国旅行のパンフレットをせしめてきて、ペラペラ見ていると、なんと「チベット ラサ8日間」というのを見つけた。歴代のダライ・ラマが住んでいた宮殿とかを見るのだ。比較的自由時間もあり、これはなかなかよろしい。少し研究してみたら、大きな欠点が見つかった。高度障害(高山病)。ラサは3,700メートルくらい標高がある。富士山と同じ高さだ。飛行機で一気に3,700メートルまで上るのだから、高度障害がでると考えたほうがよさそうだ。家族4人いるので、その中の一人くらいは、重症でホテルに残るなんてこともありそうだ。リスクが高いので諦めることにした。

チベットを研究しているとき、ネパールトレッキングという文字を見つけた。ネパールはパグニーニョと一緒に20年前に訪れた。そのときはカトマンズと近くに町、それにポカラに行った。ポカラはとてもいい所だった。ネパールトレッキングは10日間も歩く本格的なものから2泊3日のミニトレッキングまで、いろいろある。その中で「アンナプルナハイキングとナガルコットの丘8日間」というのと、「アンナプルナ山村訪問ミニトレック8日間」というのがいい。さっそくパンフレットを取り寄せた。

しかし、ミニトレックとは言え、数時間登らなければならない。標高差はこれから調査するとして、現在の標高差200メートル限界体ではどうにもならない。10キロは減量しなければ。。。それに、海外旅行は夏休みと考えていたのだが、夏休みはネパールは雨季。行くのなら乾季。10月がベストシーズンということだが、10月は子供たちがまとまった休みをとれない。となると、早くて年末の冬休み。来年の春休みまで待つという手もある。1年あれば10キロやせれる可能性あり。

減量の目標ができるのはいいことだ。それよりなりより、アンナプルナを見ながら歩くのはすばらしいことだ。子供たちにも大きな財産になるはず。そう考えて、ダチョウ山はパグニーニョに計画を打ち明けたのだが、パグニーニョは「私は辛いのはいやよ」とにべもない。子供たちも「おとうの計画はしょっちゅう変わるからな」と気にしていない様子。ここは一踏ん張りして1ヶ月で2キロくらいやせて、トレッキングに行けるなら10キロやせれることを理解してもらい、「おとうが10キロやせれるなら仕方ない」という方向に世論を誘導していかねば。

この1ヶ月くらい、こんな感じでリフレッシュ休暇の使い方で夢を膨らませています。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

グーちん再び大きくなる

2月10日はグーちん恒例の身体測定です。

甲長:16.3cm(+0.1cm)、体重:930g(+104g!!

1月にやせたのを挽回する太りようです。

写真は今日のグーちん。小松菜を食べ散らかしています。でも、この後きれいに食べて帰りましたよ。

20060211-goo1
20060211-goo2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

誇りに思います

2月5日(日) チャンさんの、小学校で初めてで最後のバスケットボールの公式戦を応援に行きました。

チャンさんの所属しているクラブは2年前にできたばかりで、人数が集まらないため試合には出れませんでした。今年に入って3年生が入ってきたのでやっと女子が5人集まりました。6年生はチャンさん一人。5年生が二人、4年生と3年生がそれぞれ一人。全員で5人です。

やっと5人集まったのですが、公式戦は本当は10人必要。試合には出してあげるけど、勝敗は関係なしということで、出場しました。

試合前のウォーミングアップが始まりました。相手は15人くらいのチームでユニホームもバッチリ決めています。チャンさんのチームはユニホームはありません。黒のズボンに白のTシャツの上にゼッケンをかけています。チャンさんのチームは、和気あいあいとウォーミングアップをしています。相手チームの練習は組織的で、かつピリピリと試合前の緊張感が漂っています。

試合が始まります。チャンさんがジャンプボールに向かいます。4番の選手がチャンさんです。
20060205-basket

ジャンプボールではチャンさんが勝ちましたが、すぐにボールを奪われて、あとは一方的に攻められました。チャンさんのチームはなかなかボールが運べません。ほとんど自陣で守っては点を入れられ、ボールを運ぼうとしては奪われ、また点をとられ・・・といった具合で、第1クォーターが終わり、24-0でした。

第2クオーターで相手チームは1ランク低い選手を起用してきましたが、それでもチャンさんのチームはかないません。唯一チャンさんが1ゴール決めました。チャンさんのチームは、3年生と4年生が居ても居なくても関係ない状態なので、5人対3人で試合をしているのと同じです。

第3クォータでは相手はさらに弱いメンバに変えてきました。見たところ3年生と4年生くらいのチームです。やっとチャンさんのチームも互角に戦えるようになり、点も入り始めました。

第4クォータも同じような感じでしたが、さすがにメンバー交代なしで最初から最後まで戦わなければならないチャンさんのチームは疲労してきて、運動量が落ちてきました。それでも相手の三軍を相手に精一杯戦い、チャンさんのチームは負けました。

負けましたが、チャンさんはとても清々しく、充実した顔をしていました。
精一杯やった満足感が伝わってきます。
チャンさんはキャプテンとしてよく戦いました。
弱小チームで思うようにならないいらだちというようなものは微塵も感じられません
試合ができた喜びが溢れています。
試合が終わった後、「おとうやん、どうだった」と訊いてきたので「よくやったね」と応えました。

チャンさんの姿にスポーツの原点を見ました。
試合に出れる喜びを力に、勝ち負けにこだわらず、精一杯戦う。
戦い終わった後は、負けたことを恥じず、最後まで戦った充実感で一杯になる

私は、そんなチャンさんを誇りに思いました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

オークション

久しぶりにオークションで買い物をしたくなった。

会社ではくサンダルが壊れてきたので、代わりを買うことにした。

Yahooオークションを見ていたらHANG-TENのサンダルを750円で売っていた。

これは買いだと思い落札した。が、配送料を確認するのを忘れてしまった。気づいたときには落札していたので配送料を確かめると、全国一律840円。ちょっと高い。

結局、振り込み手数料も込みこみの値段は、1,718円。

他では品物だけで1,980円で売っているのもあるので、まぁ安いと考えて納得納得。

今日の夕方、品物が届きました。さっそくはいてみる。サイズはまずまず。ホット安心。

来週、会社に持っていこう。
20060204-sandal

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はにわ

昨日は節分で、パグニーニョが近くのスーパーで太巻きを買ってきた。南南東を向いて無言でかぶりつけば幸せがやってくるというやつだ。

太巻きの大きさに唖然とする。こんなものを一本無言で食べるのは無理と判断し、包丁で一口サイズに切って、一切れを南南東を向いて無言で食べることにした。

昔、山歩きに使っていたコンパスがあるので、それで南南東を調べると、ちょうど台所の壁に向かって食べればいいことが判明。我が家は南南東を向いている。今年はいいことあるかなぁ。

太巻きを一切れ無言で食べた後は、いつものようににぎやかな夕食になった。そこで話題になったのがはにわだ。

近くの中学では、寒くてもはにわが禁止されているらしい。はにわとは、女子中学生の服装で、上は制服。下はジャージをはいてその上にスカートをはくというスタイルだ。ジャージの上にスカートをはいた姿は、なるほどはにわのようだ。

このような服装をはにわと呼んでいるのは相模原だけなのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »