« February 2006 | Main | April 2006 »

ダチョウ山誕生日おめでとう!

3月26日はダチョウ山の誕生日!

45歳になりました。

3月26日は偉大なるベートーヴェンの命日でもあります。

朝から、富士通、ニフティ、Ynotからグリーディングメールが届き、ハッピーなダチョウ山。

パグニーニョがダチョウ山の大好きな、鰻のちらし寿司イチゴのショートケーキを作ってくれました。

20060326susismall

20060326birthdaysmall

実はダチョウ山は、イチゴのショートのショートは短い意味だと最近まで思っていて、三角形のイチゴの乗っているケーキは小さいのでイチゴのショートと言って、上の写真のような大きな丸いケーキはショートとは言わないと思っていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニイヤン進級おめでとう!

3月24日、ニイヤンの高校1年の終業式が無事終わり、ニイヤンは2年生に進級した。

ニイヤンは1学期は、ほとんど学校に行かず、出席日数不足で留年がほぼ確定かに思われた。

2学期に入って、学校に行くようになった。それでも1ヶ月に1日くらいは休むので、首の皮一枚の状態が続いた。

3学期になって、それまで続けていた部活(サッカー)をやめた。部活で色々あったらしい。部活か進級かで悩んだニイヤンは進級を選んだ。

3月23日、体育の出席日数不足に対して、学校は補講を作ってくれた。花壇の手入れを2時間やったそうだ。

そして、進級決定! ほとんど首なしニックのニイヤンはこうして、どうにか進級した。

ニイヤン進級おめでとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アロマセラピー

会社の全社員教育で、「からだとこころの健康」というのを受講した。その中でアロマセラピーについて簡単な説明があった。

興味を引かれたので、検索エンジンで「アロマセラピー」と入れると、アロマセラピーのサイト が見つかった。

このサイトはよくできている。入門用の解説を読んだ後、実際に精油を購入することにした。サイトには精油の人気ブランドランキングが出ているので、そこで1位になっている「生活の木」にアクセスし、トライアル用の精油3本セットを購入し、今日届いた。

リラックスしたい時の精油で、ラベンダー、オレンジ、プチグレインが1mlずつ入っている。

さっそく、マグカップにお湯をいれた中に、ラベンダーを4滴入れ、浴室に置いて風呂に入った。ラベンダーは直接嗅ぐと臭いがきついが、ほのかに嗅ぐと気持ちが落ち着く。

明日は会社に持っていって、リフレッシに使ってみよう。若干の心配は、私の机の周りの人から「何か臭う」というクレームがあること。まぁ気にせず、やってみましょう。

値段だが、3mlでスポイドつきで1,000円。1日に2滴(0.1ml)使うとすると、1ヶ月。そんなに高価というものではない。ちょっと安心。色々な匂いを試してみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャンさん、卒業おめでとう!

3月23日 チャンさんの小学校の卒業式に行ってきました。

朝方まで降ったいた雨もどうにか止んで、傘を持たずにパグニーニョと小学校に出かけました。20分くらい前に着いたのですが、8割くらいのお父さんお母さんが既に来ていました。

校歌を歌ったら、この小学校を卒業できて良かったなと思い、5年前逃げるように横浜から引越してきた日を思い、少し泣けそうになったけど、踏ん張りました。

卒業証書の授与式。一人ずつ名前を呼ばれ、校長先生から卒業証書をもらいます。私が小学校と時は、「右総代 松田なんとか、西本なんとか」で総代が代表して証書をもらい、一人ずつはもらえませんでした。

卒業生の言葉と歌で式は終わりです。歌は歌詞をまじめに聞いてたら泣けてくると思ったので、馬耳東風を決めこみました。そうしたら、パグニーニョが横から突くので、どうしたのか訊いたら、担任の先生が泣いていました。やっぱりまじめに聞いちゃいけないんだ。

式が終わったら一旦教室に戻りました。そこで担任の先生が送る言葉を話し、また泣いていました。泣いているのを聞いてたら泣きそうになったのでまた我慢しました。

こうやって、泣きそうになるのを我慢するより、泣いちゃったほうがいいと思うのですが、大の男がとつい思ってしまいます。

最後に、校庭に出た後、先生を囲んで写真をとりました。チャンさんはどれかな?
20060323sotugyosmall

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウド

今日はウドの天ぷらを食った。うまい。

私はウドが大好きだ。

ウドは天ぷら、酢味噌和えもいいが、パグニーニョの作るウドのキンピラは絶品。

23日はチャンさんの小学校の卒業式。赤飯のおかずに、たくあん、蒲鉾に加えウドのキンピラがあれば云うことなし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バロックオーボエのレッスン:9回目

今日は、バロックオーボエのレッスンでした。

3月はチャンさんの卒業式とお墓参りで3日も休むので、今日は午後半休にしてレッスンに出かけました。

江崎先生はお茶をいれてくれて、「7月の第一日曜と第二日曜の都合はどうですか」

発表会の日取りだ。特に予定はないと答えた。

ショヴォンの3回目。この日は、一番大変なアルマンドから。吹いたが、鳴りが悪い。朝、練習したときは音がでていたのだが、リードの開きが悪い。

リードを調整することになった。根元を糸で絞めてアロンアルファで固定した。

先生は、自称「アロンアルファ大王」。なんでもアロンアルファで直してしまう。

リードが開いて、少し音が出やすくなった。先生が吹くと、どんなリードでも鳴るので、音がでないのはリードのせいではない。

アンブシュアが大切なようだ。

先生は、「口が横に開き気味なので、気持ち下あごを出すような感じで、口を横に開かないように」とアドバイスをしてくれた。

この日は、音が出ないのでレッスンにならず、準備していったジーグはやらなかった。

先生は「プレリュードと田園風とアルマンドの3曲をやりましょう」と言ってくれる。

私は、リフレクシオンとスタッカートの2拍子の曲と最後のジーグもやりたい。

まだ4ヶ月もあるので、焦らずいい音を出すことに注意を払い練習しよう。




| | Comments (0) | TrackBack (0)

グーちん3月身体測定

グーちんの3月の身体測定結果。

甲長:16.5cm(+0.2cm)  体重:912g(-18g)

1月に続いて2度目の体重減少。来月激増するか??

エサのトレイを大きくしました。

右側の丸いのが今まで使っていたトレイで、左側の大きいのが新しいトレイ。

20060304_goo_plate

下の黄色の布は?

グーちんの甲羅磨きのため! 前の甲羅磨き用布(元はピアノ拭き)は、ニイヤンのギター磨きになったので、甲羅磨き専用布を100円ショップで買ってきました。

新しいトレイで食べるグーちんです。

20060312_goo1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナルニア国物語

めずらしく映画を観にいきました。それもチャンさんと二人で。

朝日新聞のサイト「アスパラクラブ」で、「ナルニア国物語」のペアチケットが当たったのだ。

アスパラクラブは何十万人かの会員がいるので、当たるとは思っていなかったので、とてもラッキー!

しかもチャンさんが一緒に行きたいと手を上げるとは!

チャンさんは映画の予告編でナルニア国を見て、観てみたいと思ったそうだ。

そういうわけで、土曜日、春の日差しの中、チャンさんとダチョウ山は映画を観に出かけた。

何年か前に行ったときには、1時間くらい前に整理券を配っていたので、1時間前に行くと閉まっていた。しょうがないので、ミスドに行った。モーニングセットを2つたのんだ。

600円なのでカードを2枚もらった。10枚集めればプレゼントがもらえる。ところが、チャンさんがカードをゴシゴシこすっていたら、当たりのマークが現れた

当たりのマークがでたら10枚集めなくてもプレゼントがもらえる。ラッキー!
お皿のセットをもらった。

さらに、この日はドーナツが100円。チャンさんはお店の人に確かめて100円でDポップを買った。ラッキー!

映画館は空いていた。30人くらい。真ん中の少し後ろよりのベストポジションに座れた。ラッキー!

映画は2時間半。ここ1年くらい、映画といわずテレビでも2時間も続けて見たことがないので、正直肩がこって疲れた。映画は実写とCGを組み合わせているが、よくできていて、実写とCGの境目が分からない。

チャンさんのお気に入りは主人公達を助けるビーバーの夫婦。私は、悪者陣営の大将のミノタウロスが気に入った。




| | Comments (7) | TrackBack (0)

チャンさんの絵

三月五日 近くの公民館で公民館祭りがあり、チャンさんの描いた絵も展示されました。

チャンさんは、シュタイナーの教育理論に基づいた絵の教室に月に1回通っていてます。

この日展示されたのは、ぬらし絵という画法で描いた絵で「水晶」という題がついています。

光の当たる角度で色々な表情を見せる水晶が上手に表現できています。チャンさんはなかなかやりますね。
20060304_satuki_picture

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クロッカス

家のクロッカスが咲きました。

紫と黄色です。

20060304_croccasu_blue
20060304_croccas_yelow

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お雛様

三月三日はお雛様。

我が家には、パグニーニョが子供との時使っていたお雛様があります。

顔に汚れや傷があったり、装飾品も色が落ちていたりしますが、それがまた味があります。チャンさんも古いから嫌だとはいいません。

20060304_ohina

今年のお雛様も、豪華ちらし寿司とハマグリのお吸い物で祝いました。

ダチョウ山はちらい寿司が大好きです。イクラ、エビ、錦糸卵、鰻、サーモンとかが入っています。1年後のネパールトレッキングに向けて減量中のダチョウ山ですが、この日はおかわりをして腹いっぱい食べました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベルリン・バッハ・ゾリステンを聴く

3月1日 ミューザ川崎シンフォニーホールに、ベルリン・バロック・ゾリステンの演奏を聴きにいった。

ベルリンフィルの主席奏者達を中心にした弦楽アンサンブル(この日は12人)。それにベルリンフィルの主席オーボエ奏者のアルブレヒト・マイヤーが協演する。

モダンの演奏だが、一流の音楽家達であること。川崎は会社から近いこと。2,000円のチケットをオークションで手に入れたので出かけた。

少し早めに行って夕食をとった。ラーメン630円なり。100円の大盛をケチったため、後で大きな損をする。

開演20分前にホールについた。スタンドバーで飲み物と一緒にサンドイッチを売っていた。急に空腹を覚えた私は、クロワッサンサンドとオレンジジュースに900円も払うことになった。

席は2,000円だけあって、正面席だが4階。演奏者を遠く見下ろすことになる。

演奏は、ヘンデルの「シバの女王の入場」から始まった。一流の音楽家でいつも感じることだが、出だしと終わりが素晴らしい。モダンの楽器にガット弦を張っているという。ビブラートはかけない。メリハリが利いた素晴らしい演奏。指揮者はいない。バイオリンのライナー・クスマウルがリードする。アンサンブルとしての完成度は素晴らしく高い。

全員で12人。そういえばシャンティクリアも12人。指揮者はいないあ。このくらいの人数のアンサンブルが一番表現力が高いのかもしれない。

オーボエのマイヤーが登場。もちろんモダン楽器。マルチェロのオーボエ協奏曲を吹く。艶やかな音。華やかな装飾。観客を魅了した。

リーダーのクスマウル、テレマンのヴィオラ協奏曲でソロを弾いたクリスト。どちらもお爺さん。失礼な言い方だが、お爺さんなのに出てくる音楽はエネルギーに満ちている。でも後10年したら引退しているのだろうなと思うと、ヒジミーのことが頭に浮かんだ。
ヒジミーはフィリピンの大学で日本語を教えていたが、この3月で退職。元気でやっています
と送られてきた写真は、なるほど元気そうだが、だいぶ老けたなとも思った。ヒジミーは昭和8年生まれ。何歳? 70は超えている。後10年たてば・・・。

音楽に戻ると、マイヤーは3曲の協奏曲を吹いた。ステージでの立ち振る舞いもかっこいい。正面には背を向けることになるが、斜め後ろを向いて、弦楽器達をリードする。ソロバイオリンとの掛け合いでは、クスマウルに向かい合う。オーボエを持つ角度は幾分高め私も真似してみようかな。

それにしても調弦の時間が短いのには驚いた一流になると調弦が一瞬でできるようだ。

アンコールは2曲。ヴィヴァルディのヴァイオリンとオーボエの協奏曲と、バッハのカンタータ。至高の芸術を十分堪能した。残念なのは、ちょっと席が遠いこと。もう少し近ければ、もっと演奏にのめり込めたと思う。

おもわぬ副産物があった。演奏会でもらうビラの中にラ・プティット・バンドの演奏会を発見。5月に東京オペラシティである。さっそく、ぴあでチケットを購入。少しでもいい席をと思い、大枚はたいてA席を購入。席の番号が26の26。26はなんと私の誕生日。何かいいことがあるかも知れない。

| | Comments (24) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »