« April 2006 | Main | June 2006 »

カラマーゾフの兄弟

2週間前くらいだろうか。朝日新聞にカラマーゾフの兄弟の紹介があった。

恋人に「読んでないと話の相手として失格だ」と言われて、読み始めたが1巻を読むのに1ヶ月かかった。なんて退屈な本だろうと思ったが、1巻のおしまいくらいから急に面白くなって、2巻、3巻は3日で読んでしまった。と書いてあった。

そこで、ダチョウ山も相模原の図書館でカラマーゾフの1巻を借りてきて読みはじめた。実は高校生のとき、自宅にあったカラマーゾフを読んでみたが途中でリタイアしてしまった。1巻をクリアしたら面白くなるというのを信じよう。1巻をクリアできたら、Yahooオークションで全巻を購入する予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝顔芽を出す

この前の日曜日にまいた朝顔の種が芽を出しました。7日で芽を出したことになります。

種の説明にも7日前後で芽を出すと書いてありました。きっかり7日で芽を出したので少し感激しました。

20060527asagaosmall

去年、苗を買ってきたのですが、病気にかかっていてうまく育たなかったので、今年は種から育てることにしました。

種をまくためのトレイとかありますが、面倒なので4号鉢にまきました。

7鉢のうち5鉢が芽を出しています。一応、大輪朝顔ということなので、行灯仕立てにするつもりですが、7鉢も作っていてはお金はかかるし(鉢とか行灯の支柱とか)、だいいち置き場所に困ります。元気そうなのを3鉢選んで、あとのは地面に植え替えてカーテンのようにするつもりです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

クレマチス

家のクレマチスが見頃を向かえました。

近所のクレマチスはゴールデンウィークの終わり頃が見頃だったので、家のクレマチスは遅いです。去年も遅かったので、そういう種類なのでしょう。

端正な姿が気に入っています。同じときに買った白のクレマチスは花をつけません。去年も花をつけなかったので、そういう種類なのでしょうか??

20060527crematisusmall

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メロンはあまり好きじゃない?

朝の食卓にメロンがでてきました。

ダチョウ山家では、朝は必ず果物を少し食べます。

夏はグレープフルーツ、冬はリンゴが基本ですが、季節の果物としてイチゴや梨ときにはメロンも登場します。

メロンは種を取りますよね。とった種を普通は捨てるのですが、グーちんに食べさせてみようということになりました。

グーちんは匂いをかいで、少し食べましたが、あまり好きじゃないようで、たくさん残しました。メロンはあまり好きじゃないのかな。種の所だから嫌だったのかな?

20060523goomelonsmall

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラ・プティット・バンドを聴く

5月19日、東京オペラシティへ、ラ・プティット・バンドのコンサートに出かけた。

少し早めに行って、インド料理のガンジスでカレーを食べようと思った。

ところが、新宿駅で迷った。京王線のホームに出たのだが、乗った電車の車内アナウンスで初台には止まらないことが分かり、あわてて降りた。

駅の係員に訊くと、初台には京王新線というので行くらしい。京王新線は改札が別(4分ほど歩く)。まったく紛らわしい。これで10分損した。

初台に着き、レストランが集まるエリアに出たと思ったのだが、目指すガンジスがどこにあるか分からない。以外と広いのである。事前のメンタルトレーニングが必要である。

結局、パン屋でパンを買って食べた。少し慌てたが、開演5分前に席に着くことができた。

いよいよ開演。前半は、2つのバイオリンのための協奏曲と、ブランデンブルグ5番。

楽しく聴けたが、編成に対してホールが少し大き過ぎる。私は前から2/3くらいの席だったが、耳を澄まさないと細部が分からない。

ブランデンブルグ5番はトラベルソが登場する。バルトルドは上手だったが、音が小さいのが残念。

ヴィオロンチェロ・ダ・スパラを初めて見た。でっかいビオラかと思ったらチェロの仲間なんですね。

休憩の時間になり、喫煙所が近くにあるか心配だったが、ホール入り口を出て直ぐのところにあり、ほっと一息。

後半は、6声のリチェルカーレから始まった。弦6本の編成。演奏者が丸く輪になって演奏した。なかなか良かった。

次の曲はオーボエとバイオリンのための協奏曲。この演奏が一番すばらしかった。拍手も一番大きかった。オーボエはパトリック・ボージロー。若い演奏家だが、シギスバルトを相手に存在感のあるバッハを聴かせてくれた。ボージローのオーボエが聴けただけで、この演奏会は収穫があった。

最後の曲はブランデンブルグ4番、残念なことに、9時半のロマンスカーの切符を買っていたので、9時にホールを出る予定で、時間を気にしながら聴いたので印象が乏しい。シギスバルトのソロは良かった。

ちょうど9時に最後の曲が終わり、アンコールを待たずにホールを後にした。

初台の駅に向かって人の流れができていると思い、人の後を歩いていたら、5分歩いても駅に着かない。今から引き返していては間に合わない。多分、この人の流れは新宿に向かっているのだろうと考えて、速足で歩いているお姉さんをマークした。お姉さんの後をつけて信号の点滅ではダッシュし、また速歩。雨の中、速歩で20分歩いたところで、新宿駅に着いた。

ロマンスカーに乗り込むと、汗がど~っと出てきた。

家に着いてシャワーを浴びた後のビールがうまかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャンさん13歳の誕生日おめでとう!

5月16日、チャンさんの誕生会をしました。

チャンさんは本当は5月18日が誕生日なのですが、16日は火曜日、火曜日は魚の日。

近くのジャスコに地元の魚屋さんがやってきて、漁れたての魚を買うことができます。

チャンさんは肉も好きだけど、魚も大好きなので、火曜日である16日を誕生会の日に選びました。

チャンさんの期待に応えて、パグニーニョがイサキのカルパッチョとホタテ貝のニンニクとワイン焼きを作りました。パグニーニョの作るイサキのカルパッチョはとても美味しいよ!

ダチョウ山は、誕生日プレゼントにPhotbackで作ったチャンさんの3年間のアルバムを渡しました。なかなか好評で、チャンさんも嬉しそうでした。

誕生日ケーキはパグニーニョ手作りのチーズケーキでした。

キャンドルを灯して、Happy birthday Chansan!と皆で歌いました。

20060516chansmall

| | Comments (0) | TrackBack (0)

グーちん身体測定:5月

グーちんの5月の身体測定です。

甲長:16.5cm(±0)  体重:937g(±30g)

体重が900gを超えてからは増えたり減ったりで、体重の伸びが止まりました。

昨日、北海道のダウンさんから、コメントを頂きました。ヘルマンリクガメのたる・らしゃさんも元気なようで良かったです。

たる・らしゃさん(♂)は、体重が500gと少しだそうです。グーちん(♀)の半分くらい。最初は、たる・らしゃさんの方が大きかったのですが、グーちんが抜いてしまいました。

♀は♂より大きくなると言いますが、こんなに違うものでしょうか。

| | Comments (233) | TrackBack (0)

水彩6

近所の農家の金網にクレマチスが見事に咲いている。

例年ゴールデンウイィークに咲くが、今年もキチント咲きました。

とても綺麗なので、絵を描くことにしました。1年ぶりくらいに、ペインティングソフトの水彩6を立ち上げました

デジカメで撮ってきた写真を下絵にして、描きました。普段から使い慣れているわけではないので、1時間くらいかかりましたが、クレマチスの絵が完成しました。

20060506curemachisu

はがきにプリントしてパグニーニョに見せたら、母の日のプレゼントを送るときに一緒に同封すると言ってくれました。

パグニーニョは今年は、手作りママレードと手作りCDを母の日に送るようです。

ダチョウ山は、例年通りNiftyの花ギフトを送ります。今年は、ラベンダー色のバラの花を中心したブーケを予約しました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

町田ぼたん園、えびね苑

今日は朝からカラット晴れていい天気。

パグニーニョと町田ぼたん園、えびね苑に行ってきました。

リス園近くの駐車場に9時半くらいに停めました。駐車場はまだガラガラ。

ぼたん園は歩いて15分くらい。

色とりどりのぼたんがたくさん咲いていました。休憩場の東屋も多く、しかも灰皿を備えていて、愛煙家のダチョウ山は嬉しくなりました。
Rimg0008_edited

ぼたん園の様子はマイフォトに載せたので、そちらも見てね。

ぼたん園の次はえびね苑です。

野草らしく、えびね苑は坂また坂で、息が上がりました。
Rimg0022_edited

えびね苑の様子もマイフォトに載せました。

駐車場に着くと駐車場は一杯で、空き待ちの車がずらり。早く来て良かったね。

ぼたん園は5月7日まで有料で、その後は無料になると書かれていた。

まだ蕾みのぼたんもあったので、5月8日以降でも遅くないと、向かいのおばさんに教えてあげました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Photoback

日経パソコンで写真を整理する特集があり、そこで写真集を作ってくれるPhotobackなるサービスが紹介されていた。

チャンさんの小学校卒業祝いにと写真を整理していたので興味が沸き、試しに5年生の1年間を写真集にすることにした。

Photobackにログインしてエディットルーム(名前がかっこいい)に入り、写真を好きな順序に並べる。

写真のズームを3段階で選べる。見開きのレイアウトも可能。コメントも入れられる。

また、エディットルームの画面がかっこいいので、作業をしていて楽しい

ただ、値段が送料込みで2,490。少し高い。

注文して、8日目に出来上がった写真集が送られてきた。

カバーや背表紙までついていてかっこいい。写真はすこし暗い感じ(紙質によるものと思われる)。

20060502album1small

20060502album2small
実物を手にして思うに、値段がやっぱり高い。今の値段より500円くらい安くていい。

どうしようか迷ったが、4年生と6年生の2冊を注文した。

他の人たちはどのようね写真集を作っているのだろうか? 

沖縄旅行記画集愛犬(フレンチブルドック?)風景など色々だ。

旅行記とかいいですね。海外旅行に行く予定(まだ1年先だが)があるので、行ってきたら写真集にしよう。

それから、犬ほど表情が豊かではないが、グーちんの写真集もそのうち作ろうかな。

それまでに、Photobackさんが頑張って安くしてくれたらいいな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

イチゴが私を狂わせる

夕方、グーちんが巣から出てきて、食べたそうなそぶりを見せたので、イチゴ2つと小松菜をトレイの乗せてゲージに近づいた。

グーちんは甲羅アタックで出迎えて、トレイがゲージの上から降りてくると背伸びをした(カメも背伸びをします)。

トレイのイチゴを見つけてダッシュ。

なりふり構わずイチゴを食べる。完食した後も、イチゴが残っていないかと小松菜を蹴散らして捜す。

ダチョウ山がゲージの反対側のパソコンを置いてある机に移動すると、ものすごい勢いで倒木を乗り越え、やってきてゲージに甲羅アタック!

どうやら、イチゴはダチョウ山にもらっているのを知っているようだ

試しに、反対側(ゲージの正面)に移動すると、グーちんは倒木を乗り越え、やってきた。

ダチョウ山を追っているのは間違いない。

その後、イチゴがもらえないと分かると、とっとと巣に帰っていった。

現金なカメである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »