« ダチョウ山の誕生日 | Main | 甲羅が引っかかる »

バロックオーボエのレッスン

昨日は、バロックオーボエのレッスンだった。

家ではロングトーンを15分くらい吹くと、口が疲れてきそれ以上吹けなかった。

先生にリードを見てもらうと、「少し重いかな」と言って少し薄くしてくれた。

ただのロングトーンではつまらなくなるので、今練習中のオットテールのハ長調の組曲を少し吹くことになった。
先ずは最初の音だけロングトーン、次は2小節目の一拍目まで、4小節目までという風に少しずつ伸ばして最後の音をロングトーンする練習だ。

「きちんとアンブシュアを確認してから、Tuと吹く」
「ダチョウ山は、アンブシュアがきちんとできていないのと、息の量が多すぎる。多すぎるので口がすぐに疲れる。細い息をツルツルット出したままで、それを切るようにTuとタンキングをする」

「息の量を少なくするために、ピアノと思って吹くといいかもしれない」

今年の発表会は7月1日になりそうだとのこと。

私は、今練習中のオットテールをやりたい。

アンブショワを保って、細い息を出す特訓をしなくては。

|

« ダチョウ山の誕生日 | Main | 甲羅が引っかかる »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10538/14481133

Listed below are links to weblogs that reference バロックオーボエのレッスン:

« ダチョウ山の誕生日 | Main | 甲羅が引っかかる »