« April 2007 | Main | June 2007 »

すぐに疲れる

GWに倒れてから、3週間が経過した。

まだ、1週間皆勤できない。今日も名古屋出張だったが、雨の中、名古屋を往復する体力はない。

確かに副作用はなくなり楽になった。

けれど疲れやすくなった。週の後半になると、疲労が身に沁みてくる。疲労のバロメーターは歩く速度。疲れてくると、周りの人にどんどん追い越されていく。

また薬を増やすか、今のまま体が慣れるのを待つか。

後者を選択した。

疲れやすいので、海外旅行の計画も見直している。

モンゴル乗馬教室は、馬に1日5時間、5日間も続けて乗るのは体力的に無理がありそう。

そこで浮上してきたのが、パグニーニョお勧めの、バリデブデブ旅行。

美しいリゾートホテルでゆったりした時間を楽しむのがよさそう。

モンゴルなら疲れて帰ってきて、1週間会社を休む羽目になるとパグニーニョは言うが、その通りだと思う。バリなら癒されて充電されて帰ってきて、会社も元気に行けそう。

何はともあれ、1週間皆勤できる体力をとり戻さなくては。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

木漏れ日の森

この前の日曜日、チャンさんと「木漏れ日の森公園」まで散歩にでかけた。

片道2kmくらい。緑道を歩くのでうるさい車に邪魔されることはない。

途中で犬を連れているおばさんに会った。

犬種を訊いたら「ペキニーズ」と教えてくれた。名前は「小雪」ちゃん。女の子だ。

20070525pekineazelarge

なでると、体を寄せてくる。甘えん坊だ。おばさんが言うには「片方の目が悪い」

なるほどよく見ると、片方の目の色が変。

名前を呼ぶと右手を挙げる芸というのを見せてもらった。「シノハラ コユキちゃん」

おばさんが呼んでも手を挙げない。何回目かに、わずかに右手を挙げた。

とても気さくなおばさんだった。犬をさわらせてもらったことに礼を言って別れた。

木漏れ日の森は、雑木林の森。木々の間から見える木漏れ日がきれい。

20070525treelarge

| | Comments (8) | TrackBack (0)

チャンさん14歳の誕生日

チャンさんが5月18日に14歳になった。
誕生日おめでとう!!

いつものように誕生会は
1.パグニーニョ自慢の夕食
2.キャンドルを灯す
3.ハッピバースディの歌
4.キャンドルの灯を消す
5.誕生日ケーキと紅茶
6.誕生日プレゼント
の順で執り行われた。

夕食は、
サラダ
オードブル(カマンベール、サーモン)
岬の魚屋さんから買ったスズキのカルパッチョ
にんじんのスープ
でした。美味しかった。
20070519satuki0small

キャンドルに灯を灯し、ハッピーバースディの歌。ケーキはパグニーニョお手製のチーズケーキです。
20070519satuki1large

ロウソクの灯を吹き消すチャンさん
20070519satuki2large

プレゼントは、
ニイヤンはミスチルのCDと本?
パグニーニョはミスチルのピアノ譜
ダチョウ山はこの1年間のアルバムとラシスの版画

ラシスは馬の版画をたくさん描いている。チャンさんは馬が好きなので、ラシスの版画を贈ることに決めた。ラシスの版画はオークションに結構でていて、値段もお手ごろ。半年間オークションをwatchし、納得のいく版画を納得のいく価格で落札した。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

病気その後2

皆さん色々心配してくださってありがとう。

今週水曜日から出社し、どうにか金曜日まで働けました。やれやれ。

副作用が無くなったのでずいぶん楽になりました。これで、もう少したてば車の運転もできるようになるでしょう。パグニーニョさん、それまでよろしくね。

今日病院に行って、4週間分の薬をもらいました。アローゼンと便秘に効く薬が入っていませんでした。手持ちの分がなくなったら、もらいに行きましょう。かかっている医者は、薬を減らすことには難色を示すが、増やす分には何も言いません。

それから、7月に家族で海外旅行を計画しているが行っても大丈夫かとパグニーニョが訊いたら、是非行ってくださいということだった。

海外旅行には7月末に行くつもりだ。あと二ヵ月になったので、そろそろ決断をしなければならない。
チャンさんが、「馬は本当に可愛いよ」と言っているので、モンゴル乗馬教室が最有力。対抗が、ブータン。パグニーニョはブータンはモンゴルよりましと言っている。大穴はバリ。バリでの優雅なホテルライフは魅力だが、年をとっても楽しめるので、元気なうちにアクティブな旅行をしておくべきだろう。明日くらいに最新のパンフレットが来るのでそれを見て決断しよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

病気その後

医者も抗欝剤の副作用と認めざるを得なくなった。

薬を減らした。15錠から6錠に減った。これで2週間様子を見ることになった。

今日で10日間経過した。

良くなったこと。
手足が震えなくなった。階段の昇り降りができるようになった。普通に話せるようになった。副作用だと思われる症状が無くなった。

悪くなったこと。
体がまだ慣れていないのか、睡眠のリズムが少しくるった。ここ1,2年は21時に寝て、5時に起きていた。休みの日も、21時就寝5時起床。紅白も元旦も同じ。

薬を減らして、朝5時に起きれなくなった。朝、眠いという感覚がよみがえった。何があっても5時に起きるより、5時に起きると眠いというのが普通の感覚かもしれない。が、朝眠いのでは仕事が始まらない。

焦る必要はない。薬6錠に体が慣れればいい。あと、1、2週間で慣れるだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

病院のはしご

このGWは病院のハシゴ。

4月28日は、子供が通っているB病院に行き、2nd Opinionを求めた。「A病院の処方では薬が多すぎるので減らすようにお願いしてみればいいのではないか」、薬を減らすのは勇気がいるが、時には必要。ということ。

4月29日は、今通っているA病院へリターン。A病院の医者が掛け持ちしている他のC病院ではMRIや脳波がとれるので、一度やってみようかということになった。

4月30日は、チャンさんとデートでワンニャンに行った。犬や猫がいっぱいいてチャンさんは嬉しそう。私も犬猫が好きなのでとても楽しい時間が過ごせた。最後に犬の散歩というアトラクションをやって帰ることにした。

犬は選べるので、ボルゾイのルーカス君、だめならルビーのキャバリアがいいなと思っていたのでが、2匹とも前の客が連れて行ってしまった。しょうがないので、グレートピレニーズにした。

散歩を始めてすぐに、ダチョウ山が倒れた。白目になって意識がない。チャンさんや周りの親切な人に助けられ、救急車までタンカで運んで、救急病院Dまでいちもくさん。

意識のないままCTをとって異常なし。その後意識を回復して、点滴をうって、迎えに来たパグニーニョの運転する車で家に帰った。

5月1日は、D救急病院で撮ったCTを持って、C病院に行き、MRIと脳波を測定し、問題なしとの結論が出た。A病院で薬を減らす処方をするといくこと。

5月2日にA病院に行き、15粒くらいあった薬を6粒に減らしてもらった。まだ連休中なので会社を休まず様子を見れてよかった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

脳腫瘍?

ゆうすけ、心配してくれてありがとう。

先ほど、脳の検査が済んで帰ってきました。

MRIと脳波を診て、特に異常がないので、山のように飲んでいる効欝薬の副作用だろうということで、明日効欝薬を整理することになった。脳腫瘍ではないということで、ひとまずホットとした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脳腫瘍?

今日脳腫瘍の検査に行く。

数ヶ月前に、階段の下りが手すりをつかまないとできない。10日ほど前から階段の上りも手すりが必要になった。また、最近物忘れが多い。

そしてついに昨日、わんにゃんニャンランドで犬を散歩に連れ出したとろ、テンカンの発作が起こり倒れてしまった。

かかりつけの病院で、MRIの紹介されていたので、そこに行くつもりだ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »