« 病院のはしご | Main | 病気その後2 »

病気その後

医者も抗欝剤の副作用と認めざるを得なくなった。

薬を減らした。15錠から6錠に減った。これで2週間様子を見ることになった。

今日で10日間経過した。

良くなったこと。
手足が震えなくなった。階段の昇り降りができるようになった。普通に話せるようになった。副作用だと思われる症状が無くなった。

悪くなったこと。
体がまだ慣れていないのか、睡眠のリズムが少しくるった。ここ1,2年は21時に寝て、5時に起きていた。休みの日も、21時就寝5時起床。紅白も元旦も同じ。

薬を減らして、朝5時に起きれなくなった。朝、眠いという感覚がよみがえった。何があっても5時に起きるより、5時に起きると眠いというのが普通の感覚かもしれない。が、朝眠いのでは仕事が始まらない。

焦る必要はない。薬6錠に体が慣れればいい。あと、1、2週間で慣れるだろう。

|

« 病院のはしご | Main | 病気その後2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ユウスケありがとう。

今日、会社を休んでいて、午後から出社しようかどうか迷っていましたが、気持ちよく、休む決断ができました。

会社にもメールを打ったら、静養してくださいと返ってきた。

気持ちよく休めないと、休んだ意味がないので、よかったです。

腰は、ヘルニア? 坐骨神経痛? ランナーの宿命かな? 私もやせて、走れるようになりたい。娘に、若い頃のほうがカッコいいと言われて痛し痒し。

Posted by: ダチョウ山:ユウスケへ | 2007.05.14 at 12:20 PM

幾分の好転の様子 まずは一安心です。「焦る必要はない。体が慣れればいい」この感性が重要だと思いますが、昨今の日本人はこの感覚を忘れている人が多い。「早く治らねば・・」と急ぎすぎです。
ゆっくりしっかり進みましょう。ゆすけ。(腰もゆっくり回復傾向、まだ走れない)

Posted by: yusuke | 2007.05.14 at 11:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10538/15033657

Listed below are links to weblogs that reference 病気その後:

« 病院のはしご | Main | 病気その後2 »