« お彼岸 | Main | ホットスポット »

ヒマラヤ計画

今年の夏、久しぶりに山に登った。家族と青森八甲田山に登った。私はデブ(78キロ)なので、標高差のある山は登れない。今回は300m程度の登りだったが、頂上に着いて、久しぶりにあの何ともいえない気持ちのよさを感じた。山はやっぱりいい。

青森までの電車の中で時間をつぶすため、夢枕獏の「神々の山嶺」を買って持っていった。これはすさまじい本だ。読み終わったときには、私の心はヒマラヤにあった。

21年前、飛行機からエベレストを見た。ポカラからアンナプルナを見た。もう一度見てみたい。そして、今度見るときには自分の足で少しでも近づいてみたいと思う。

さっそく、風の旅行社にメールを出し、「風の山人 ネパールトレッキング」のパンフレットを送ってもらった。皆さんも興味があれば送ってもらうといい。エベレスト方面か、アンナプルナ/ダウラギリ方面のどちらかがいい。2週間くらい行きたいが、仕事を考えると10日間くらいが限度か。
20070929panf1_1024

20070929panf2_1024

5、6年後を目指してヒマラヤに行く計画を立てよう。なぜ5,6年かというと、65キロくらいまで体重を落とすのに2年はかかる。その後、日本の山を2,3年登ってからヒマラヤに行きたい。もしエベレスト方面に行くなら、富士山で高度に慣れる訓練もしたい。また、35万円くらいかかるので、貯めるのに5,6年あると無理がない。

以上のようなヒマラヤ計画を是非実現したいと思う。その時一緒に行ってくれる友達がいればなお嬉しい。私の中では、一緒にヒマラヤに行きたい人が3名ほど居る。これから1年ほどの間に、これらの人を誘って山に行きヒマラヤに一緒に行かないか誘ってみるつもりだ。

私は本気だ。10月にパグニーニョと一緒に高尾山に登る予定だ。高尾山は初めてだ。調べてみると、とても近くにあり、標高差もさほどないので、今の自分には丁度良いトレーニングになりそうだ。

ヒマラヤ計画を立てて、10日ほどしか経過していないが、体重は1キロ弱も減った。やせようと本気で思えばやせれるものだ。年内に75キロを切るのが当面の目標だ。

ヒマラヤに一緒に行く人が決まれば、以下のようなことをするつもりだ。

  • 年に1,2回一緒に国内の高い山を登る。夏のアルプスとか。
  • 年に何回か近くの山(高尾山とか丹沢)に出かける。
  • 山と渓谷を購読する。

最後に、ヒマラヤに行きたくなる本を紹介しておきます。

  • 神々の山嶺 夢枕 獏 集英社文庫
  • カラー版 トレッキングinヒマラヤ  向 一陽 向 晶子向 中公新書
  • 処女峰アンナプルナ―最初の8000m峰登頂  モーリス エルゾーグ yama‐kei classics    
  • 風の山人 ネパールトレッキング 風の旅行社

|

« お彼岸 | Main | ホットスポット »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10538/16605682

Listed below are links to weblogs that reference ヒマラヤ計画:

« お彼岸 | Main | ホットスポット »