« させて頂きます | Main | 江崎先生のコンサート »

バロックオーボエのレッスン

12月1日、江崎先生宅へバロックオーボエのレッスンに出かけた。

今回も口のレッスンが中心だった。

すぐに口が疲れてアンブシュアを維持できなくなるのはなぜか。高いソとかラとか出しにくい音を息の量で力づくで出しているので、疲れるのが早い。

高い音を力を入れずに吹けるようになるとずいぶん疲れにくくなるはず。

それでは、力をいれずに高い音を吹くにはどうすればいいのか。アンブシュアを保ったまま、タンギングを使う。
高い音はタンギングを鋭くTiの舌の動きで出す。中間の音はToで、低い音はDoとか工夫してみて下さい。

指についても新しい発見があった。

右手の人差し指が時々うまく塞いでいない。どうしてかというと、指を斜めに傾けて押さえているので、漏れやすい。親指の位置をもう少し上げれば人差し指が斜めでなくなる。けど、親指置きがこれ以上、上の位置には付けられない。

そこで、中部管を少し右に回してみた。すると、右手人差し指の盛れが少し良くなった。親指置きを、もう少し上の位置につけれないか検討するとともに、中部管を右にひねって様子を見ることにした。

リードを2つ調節してもらった。楽に音が出るようになった。音が出ると練習が楽しくなる。

|

« させて頂きます | Main | 江崎先生のコンサート »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10538/17250738

Listed below are links to weblogs that reference バロックオーボエのレッスン:

« させて頂きます | Main | 江崎先生のコンサート »