« July 2008 | Main | September 2008 »

7年振りの帰省

7年ぶりに帰省した。実家は愛媛県宇和島市三間町。

松山から宇和島に行く特急に乗る。指定席は一番前の車両。数人しか乗っておらずガラガラだった。

これは松山から岡山に行く特急。カッコイイ。
20080817083925_1280train1

松山から宇和島に行く特急はあまりカッコヨクない。
20080817084107_1280train2

吉田の海。晴れてないのが残念。
20080817100707_1280sea

宇和島に1時間20分ほどで到着。昔は2時間くらいかかっていたのでだいぶ速くなった。

宇和島は御覧のように終着駅。
20080817110804_1280end

宇和島駅の中の牛鬼。
20080817101716_1280monster

宇和島駅は思ったより小さい。大学の時の帰省で使っていた頃はもっと大きな印象があったのに。都会の駅を見慣れたせいか。駅前には牛が飾ってある。闘牛だ。商店街は「きさいやロード」に名前を変えていた。

20080817103110_1280blu

20080817103717_1280kisaiya

宇和島から高知に向かう予土線に乗る。ちょうどトロッコ号というのがあったので、それに乗ってみることにした。四万十川を見ながら走るのが売りのようだ。高校3年の時、友人と夏に自転車で四万十川を下って高知に出たのを思い出す。
20080817111006_1280troco1

トロッコ号の天井。
20080817112117_1280troco2

トロッコ号はご覧の通り窓がない。このため、天候によっては運休になる。当日も雨がパラパラしていたので、運休かどうか確かめたら、「走るで」ということ。本格的な雨にならなければ運転するようだ。

トロッコ号を伊予宮野下で降りた。高校の通学に使っていた駅だ。トロッコ号と待ち合わせていた(単線なので)宇和島行きの列車が遠ざかっていく。1両編成だ。いつから1両になったのだろう。僕の高校の頃はいくら少なくても2両編成だった。過疎が進んでいるのを感じる。
20080817115001_1280miyanoshita1

20080817114226_1280miyanoshita2

駅から母の墓参りに行った。途中で三間の酒屋を通ったので写真に撮った。この酒屋の一人娘は、私と小学から高校まで同じで、とても優秀で確か早稲田に推薦入学したのではなかったか。今は関東に居ると聞いた。この酒屋も今の代で終わりになるのだろうか。
20080817115522_1280sakaya

母の墓を掃除して水をあげて、お線香を焚いて、般若心経を読んだ。

墓から家に帰る途中に、中学の時のマドンナの家がある。思い切って訪ねたが、彼女は明日帰ってくるということで残念ながら会えなかった。いつもすれ違いのような気がする。

家に帰る一本道から南を見ると泉山が、北を見ると北山が見える。周りは田圃で何も変わっていない。やっと帰ってきた。
20080817123009_1280south

20080817123918_1280nouth_2


| | Comments (2) | TrackBack (0)

30年ぶりの同窓会

30年ぶりの高校の同窓会が四国は松山であり行って来た。

7年ぶりの飛行機で緊張したが無事乗れた。

20080816082504_1280haneda_4

荷物チェックの時にペットボトルが調べられたのはビックリした。
ペットボトルを機械の前にかざすだけで、何か悪いものが入っているのが分るみたい。

羽田→松山は北回りなんですね。松山→羽田は南回りだったみたい。

富士山の火口が見える。富士山は大きいんですね。
20080816082504_1280fuji

松山では、10年ぶりに妹に会った。子育てで大変のよう。

12時過ぎに「チェックイン松山」にチェックイン。4,980円のビジネスホテルだがフロントの感じもよく、室内も奇麗だった。
20080816082504_1280checkin

そして何よりも温泉がある。奥道後からひいた湯を使っているとのこと。露天風呂と書いてあったが、最上階の温泉でメインお風呂は露天風呂ではかった。
それでも最上階で、大きな窓からは松山城が見える。温泉に入りながら松山城が見えるホテルは滅多にないのでは。このホテルを紹介してくれた形上さんには感謝だ。

6時に会場の「すしまる」に到着。
20080816082504_1280hanamaru

皆もう来ていて席は半分以上埋まっている。6時になったので、乾杯。食事にとりかかった。卒業して何回か会った友人もいるが、本当に30年ぶりの人もいる。

僕たちのクラスは40人で3年間同じメンバ。3年間一緒にいると40人全員に気心が知れてしまう。今回集まったのは15人。社会的責任を負う年齢なので、なかなか集まりにくいのにしてはよく集まったと思う。

一部の人を除いて大方太っている。私はそれにしても太りすぎなので何とかしなければと思う。

最後に集合写真を撮った。個人情報の観点からボカシた写真を載せます。写真はボケているけど、皆とても楽しそうに笑っているのが雰囲気で伝わってきます。
20080828150106_1280dousokai

2次会はオオツカと抜け出して焼き鳥やで飲んだ。オオツカはとても元気で楽しかった。焼き鳥やは、その手の人が経営している若夫婦の店のようだった。繁華街より一本入った通りにあり、お客は誰もいなかった。

オオツカは静かな店がいいと言っていたのでちょうどよかった。二人で焼酎を飲んで、二人で4千円。ふっかけられるのではないかと心配していたが安くて助かった。4千円はオオツカが払ってくれた。

ホテルに帰ったが興奮してかなかなか眠れず、オリンピックをみながら2時半くらいに眠った。

今回これなかった関東の人を中心に関東大会をやりましょうという話もでた。楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第3回GR BLOG撮影会in横浜

8月2日 横浜で開催されたGR DIGITAL撮影会に参加しました。

このような会は初めて参加するので、ちょっと緊張しました。

最初に、部屋の中で塙(はなわ)先生の話がありました。塙先生はハンサムで足が長くてカッコよく、それでいて、にこやかで話しやすいとてもステキな方でした。最初にアンケートを撮ったら1眼レフを持っている人が8割くらいいて、参加している人はレベルが高いんだなと思い、少しひるみました。

塙先生は人物を撮ることが多いので、いい写真は撮られた人が喜ぶ写真で、物でも物に心があれば、その物が撮られたことを喜ぶようなのがいい写真だと話されました。とても明解な説明で、なるほどと思いました。

11時半。炎天下の中を先生と20名の参加者が大桟橋に向かって歩き始めました。

外に出るといきなり撮影を始める人もいて、ビビリましたが、自分も数枚撮ると少し落ち着きました。大桟橋は初めて来たのですが、本当に大きくて桟橋というより観光地でした。

大桟橋から降りて昼飯の場所を探していると、「赤レンガ倉庫はこちら」の看板が目に入りました。赤レンガ倉庫も行ったことがないので、看板に沿って歩くと10分もかからず到着しました。
いきなり生ビールの看板があったので、ついつい1杯飲みました。赤レンガ倉庫でおしゃれなランチを撮り、集合場所に戻りました。

戻ると、一人3枚写真を選んで、A4にプリントアウトしてくださいと言われました。自分の写真をA4のような大きいサイズにプリントするのは初めてだったので、少し恥ずかしかった。

20名×3枚の写真が部屋の壁に貼り付けられて、人気投票が行われ、人物を映した二人と女性二人が入選しました。1番になったのは、鶴巻温泉から来たという方です。同じ小田急線沿いなのですこし親近感を持てました。

それから、女性の写真というのは、男性の写真とは明らかに違うのが驚きでした。女性は3名いたのですが、どれが女性の写真か言い当てることができたほどです。

初めての参加でしたが、いろいろな人がいるけど、みんな写真が好きなんだということが伝わってきて、とても充実したひと時でした。

参加者の皆さん、リコーの皆さん、ありがとうございました。

3枚選んだ中の1枚です。大桟橋です。
20080802120927osanbashi_1280

20080802122109ginnriki_1280

気に入っています。なぜ3枚に選ばなかったのだろう。
20080802122306garakuta_1280

赤レンガ倉庫。一応行ったという証拠。
20080802131613akarennga_1280

| | Comments (2) | TrackBack (0)

グー丸の新しい巣

グー丸の巣がボロボロになってきたので、新しいのを作りました。

いつものように、グー丸が爪で引っ掛けるように、サンドペーパーを張りつけました。

20080802181020_1024goo1

20080802181102_1024goo2

それから、ニュースが一つ。

家の前に文鳥がいた。逃げないので家に入れると、手や肩に乗ってとてもなついている。

チャンさんが近くの動物病院に連れて行ったら、大人の桜文鳥ということであった。

チャンさんは、一目ぼれして、飼いたいと言ったが、どこからか逃げてきたのは明らかで、飼主さんが探しているといけないので、警察に届けて、近くのゴミ収集所に張り紙を貼った。

あと2,3、日すると1週間なので、それまで飼い主さんが見つからなかったら、ダチョウ山の家で飼うことにした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »