チベット仏教

ポタラ・カレッジ

お茶の水と神田の中間くらいにある、ポタラ・カレッジ(チベット仏教普及協会)に行ってきた。

小田急線で新宿まで出て、都営新宿線を小川町で降りて歩いて4分くらいのビルの地下一階にある。
R0011395_1600

階段を降りるとお香の匂いがする。

この日は、「パンチェン・ラマのラムリム」という講座を見学しに行った。講座開始前20分くらいに着いたので、まだ人は居なくて、事務所の人に写真の許可をもらって、室内を写した。

思ったより小さな部屋だ。椅子が3つのテーブルが7つある。正面にダライ・ラマ14世の写真が祭ってある。
R0011400_1600

壁の両側はこんな感じ。
R0011398_1600

R0011399_1600

講師はチベットの僧侶(先生に対して、失礼な言い方でなければいいが)。日本語も上手。チベット語が分かる日本人が一人いて講義の補佐を務める。講座を受けていたのは、僕を除くと4,5名。少ない。

「心相続」について、五感が無くなっても、例えば眠っている時も存在する心 と説明してくださった。「眠っている時も存在する心」という言い方は初めて聞いた。面白い言い方だと思う。講義終了後、後ろに座っていた女性の方に、テキストは既に103ページまで進んでいるがと尋ねたら、前半部分はほとんど飛ばしているので、実質はたいして進んでいないと親切に教えてくれた。

テキストを買って帰ったが、「今は新しいことを始める時期ではない」とPちゃんに諭されて、受講は1年後にまた考えることにした。

| | Comments (35) | TrackBack (0)

ノンスモーカーになった瞬間

今年の1月にノンスモーカーになったが、4月に再びスモーカーに逆戻り。

「ダライ・ラマ瞑想入門」には、「喫煙はすべきではない」とはっきり書かれているので従う。

今晩、再度ノンスモーカーになるべく最後の一本を吸い終わったところ。
R0011365_1600

吸い終わった後に、タバコ道具一式は全てゴミ箱へ。
最後の一本から、まだ吸っていないので、今のところノンスモーカー。いつまで続くか知らないが、今のところノンスモーカー。

喫煙できるという理由で今までミスド通いをしていたが、ノンスモーカーになったので、これからはスタバ通いに切り替える予定。ミスドでは、どうしてもドーナツを食べてしまうので、ダイエットにも良くなかった。スタバに切り替えることで、ドーナツからもおさらばでダイエットにもよい。

タンブラーを友人にもらった。
R0011369_1600
スタバにタンブラーを持っていくと、キャンペーン期間中(12/25まで)は50円引き。トールサイズで一番安いのがドリップコーヒーで340円。50円引くと290円で、ミスドの朝セット300円より10円安くなる。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

利他行

福岡の山村に、ダライ・ラマ14世の言うところの「思いやり」の気持ちから、「利他行」を実践しているM医師が居る。

M医師は、3,000円や4,000円のワクチン接種料だと家族全員が接種できないので、どうやったのかは分からないが、村長にかけあって村民なら家族みんなが打てるような接種料に変えた。

この村では、M医師が毎年11月に900人近くにインフルエンザワクチンを接種している。

さらに、この山村は僻地なので中学や高校に通学している子供達は、朝5時半とか6時に家を出る。M医師は、このような子供達のために早朝5時から接種する日を設けている。子供達は、「こんな朝早く暗いうちから予防接種をしているのは、ここだけばいね」と喜んでいるとのこと。

M医師は自分の利益には全くならないのに、村民の幸せを思って行動している。まさに利他行である。

 

M医師は僕の高校の同級生だ。

R0011363_1600

| | Comments (3) | TrackBack (0)

バロkック・オーボエが戻って来た

Tさんにお貸ししていたバロック・オーボエが昨夜戻ってきました。

ハワイみやげのコーヒーがお礼に入っていました。どんな味がするのか楽しみです。

リードケースがハブラシ入れから、もうちょっと格好の良いケースに変わっていました。ラッキー( ^ω^ )

なんとTさんは、僕のブログを見て江崎先生に弟子入りしたそうです。その僕から、Tさん曰く「オーボエを借りることになるとは思ってもみませんでした」とは。縁とは不思議なものです。

最近ダライ・ラマにハマッテいて、ダライ・ラマ関連の本を読んでいるのだけど、こういうのを縁起というのでしょうか。そしてTさんにオーボエをお貸ししたことで、少しは功徳が積めたのかなと思いました。

R0011222_1600

| | Comments (5) | TrackBack (0)